セブ留学

飛行機でも安く行きたい!セブ島からボラカイ島への行き方【カリボ空港利用】

ボラカイ島到着

フィリピンの有名なリゾートとして知られている「ボラカイ島」。

ホワイトサンドのどこまでも続くホワイトビーチはとても美しく、世界中から多くの観光客が訪れます。

ボラカイ島に行ってみたいけど、どうやって行くんだろう…次の休みはボラカイ島へ旅行を計画している、安く行ける方法は何があるかな…??

こんな方のために今回は、ボラカイ島への行き方を解説していきます。

Contents

1.ボラカイ島とは

フィリピンにあるアジアの人気リゾート地「ボラカイ島」

世界屈指のビーチ「ホワイトビーチ」があることでも有名です。

海沿いにはお洒落なレストランやバーが並び、様々な国から多くの観光客が訪れています。

2018年4月から10月下旬まで清掃のため閉鎖されていましたが、ついに再オープンしました!!

 

私は再オープンして2ヶ月後の2018年1月に実際に訪れてみたので、ボラカイ島への行き方を詳しく解説していきます。

2.日本からボラカイ島への行き方

日本からボラカイ島への行き方は下記の通りです。

■日本からボラカイ島への行き方
①日本からマニラ空港orセブ・マクタン空港を利用しフィリピンに入国
②マニラ空港からカティクラン空港orカリボ空港を利用してボラカイ島へ
②セブ・マクタン空港からカティクラン空港orカリボ空港を利用してボラカイ島へ

まずは日本からマニラ空港やセブ・マクタン空港などに向かいフィリピンへ入国します。その後、国内線を利用しボラカイ島近くのカティクラン空港またはカリボ空港へいきます。

ボラカイ島には空港がないので、近くのカティクラン空港やカリボ空港を利用し、カティクラン港から船でボラカイ島へ上陸します。

カティクランの空港、カティクラン港の位置関係はこのようになっています。

地図からも分かるようにボラカイ島の最寄りの空港はカティクラン空港で、カリボ空港はこちらになります。

カリボ空港はカティクランの港までバンで1時間半ほどかかります。

カティクラン空港であれば車で5分ほどですが、飛行機の遅延や欠航が多いことで有名です。

 

3.カティクラン空港利用

マニラ空港からカティクラン空港へは、エアアジアやセブパシフィック、フィリピン航空が就航しており、セブ・マクタン空港からも同様にエアアジア、セブパシフィック、フィリピン航空が就航しています。

ちなみにマニラ⇄カティクランを利用するより、セブ⇄カティクランを利用した方が航空券は若干安いです。

 

私はいつも安い航空券を探す際はスカイスキャナーを利用します。


カティクラン空港を利用した場合のメリットは、ボラカイ島から近いため移動時間が短く済むことが挙げられます。

反対にデメリットは、遅延や欠航などが多いことです。

 

カティクラン空港から港までは車で5分、港からは船で10〜15分ほどでボラカイ島へ行けます。

※カティクランの港での、フェリーチケットの購入方法などはこちらを参考にしていただければと思います。

4.カリボ空港利用

マニラ空港からカリボ空港へはエアアジアやセブパシフィック、フィリピン航空が就航しており、セブ・マクタン空港からはエアアジアはなく、セブパシフィック、フィリピン航空が就航しています。

ちなみにカリボ空港もマニラ⇄カティクランを利用するより、セブ⇄カティクランを利用した方が航空券は安いです。

検索はこちらからできます↓


カリボ空港を利用した場合は、カティクランの港まではバンに乗って1時間半ほどで行くことができます。

移動時間が長くなりますが、カティクラン空港に比べて飛行機の遅延や欠航が少ないので、大体の時間を読むことができます。

 

そしてカティクラン空港を利用するよりカリボ空港を利用した方が航空券が平均して2000〜5000円ほど安いです!!

旅費を節約したい方はカリボ空港の利用がおすすめです*\(^o^)/*

5.セブ島からボラカイ島への行き方【カリボ空港・フェリー利用】

では実際にセブ・マクタン空港からカリボ空港、カリボ空港からボラカイ島への行き方を解説していきます。

5-1.セブ・マクタン空港からカリボ空港へ

私は現在セブに留学中ですが、急にボラカイへ行こう!と決まったので航空券の予約は出発の3日前にしましたww

\ちなみに私が通っている学校はオンライン英会話もあります/

カリボ空港まではセブから往復2,388ペソ(約5,000円)と安く行けました( ^ω^ )

2泊3日という短い期間だったので、荷物は最小限で預け荷物なし!!安い日にちのもので3,000円台の航空券もありました(°▽°)

セブからであればお手頃価格でボラカイ島に行けちゃいます♪

私は平日には授業があるので、学校が終わってから夜の便でボラカイ島へ向かいました。

 

利用した航空会社はフィリピン航空。金曜日の夜21時出発です。

初めてマクタン空港の国内線に行ったのですが、やはり薄暗い印象…でも免税店や飲食店などもあるので、待ち時間がそんなに長くなければ困らないと思います。

スタバもあります(*´∇`*)

フィリピンの国内線では、チェックイン・搭乗の際に身分証明書が必要です。日本人旅行者の方であればパスポートを持参していると思うので安心ですが、留学生で学校などにパスポートを預けているなどの人は注意が必要です!!
ちなみに私はパスポートでなくても学校の顔写真付きのIDカードで搭乗可能でした。

21時定刻通り出発です。

乗客は15名ほどしかおらず、機内はガラガラ!!

そして到着予定時刻は22時でしたが、なんと21時30分には着陸。機内アナウンスでも飛行時間は20分ほどと言っていたと思います。(英語なので曖昧…)

あっという間に着いてしまいますが、機内サービスもあり、パンとお水が配られました。

フィリピン航空の機内サービス

機内で食べるパンはパサパサなことが多いので期待していませんでしたが…このパンがモチモチで美味しかった…!!(小さく刻んだリンゴが入ったシナモンロールでした)

 

実質30分で、カリボ空港に到着です!

カリボ空港

預けた荷物もないし、入国審査もないので楽々です。

 

5-2.カリボ空港からカティクラン港まで

飛行機を降りたら案内板に従って進んでいきます。

すると荷物を受け取るターンテーブルがある場所に出ます。

ターンテーブルの横にボラカイへ向かうバンやフェリーの受付カウンターが並んでいます。そこでボラカイ島へ行きたいことを伝えましょう!!

カリボ空港は国際空港ですが、かなり小さいです。

ターンテーブルがあるところを出てしまうとすぐに外になってしまうので、ボラカイ島へ行きたい人はこちらのカウンターで受付することをお勧めします。

ボラカイ島へのバン

カウンターは夜だったので空いていたのは2つくらいの窓口でした。

ボラカイ島へ行きたいことを伝えると、シールがもらえます。こちらのカウンターではお金は払わず、バンに乗ってから払う形となります。

バンのみで200ペソ、バンとフェリーで250ペソです。

フェリーの分はフェリーターミナルでチケットを購入できるので、バンのみ購入すれば大丈夫です。

というか私もバンとフェリーと伝えたけど、バンに乗る時に200ペソ払って、フェリーの分は自分でチケットを買うことになりましたw

フィリピンのテキトーさ…(笑)

 

受付を済ませて外の駐車場の方へ行くとバンが並んでいるので自分が乗るものを探します。シールを見せると乗るバンの場所まで連れて行ってくれます。

 

乗車したら200ペソを支払って出発です。しかし定員がいっぱいにならないと出発しないこともあるので注意してください。私は最後の一人だったのですぐに出発になりましたが…

出発時間は22時前。

ボラカイ島へのバン2

カティクランの港までは1時間半で到着です*\(^o^)/*

 

5-3.カティクラン港からボラカイ島まで

港に着いたら、どこに行けばいいか運転手が案内してくれるかと思いきや放置プレイ(笑)

カティクランフェリーターミナルエントランス

こちらが港のエントランスになりますが、その前にホテルの確認、フェリーチケットの購入などがあります。

まず最初、フェリーターミナルに入る前にホテルのブッキングがきちんとされているか確認されます。

カティクランフェリーターミナル受付

ボラカイ島が再開した際に、このような仕組みになったのでしょう。

フィリピン航空からの忠告

フィリピン航空の航空券を予約する際にも上記のような表示が出ていたので、ホテルは事前にきちんと予約してから行きましょう。

 

次にフェリーのチケットを購入します。

・ターミナルフィー:100ペソ
・環境税:75ペソ
・フェリー乗船代:50ペソ
■合計:225ペソ

めっちゃ高い…特にターミナルフィー…(笑)

ターミナルフィーと環境税は同じ窓口で支払い、隣の窓口でフェリーの乗船代を支払います。

フェリーチケット価格

本当にすぐ隣の窓口なので…分けなくてもいいんじゃないかと思うんだが…w

こういうところフィリピンって効率悪い…(笑)

 

ターミナルフィーと環境税を支払ったら、バーコード付きのチケットと環境税の領収書?がもらえます。

ボラカイ島へのチケット 環境税・エントランスフィー

そしてフェリーの乗船代を支払ったら、こちらの記入するものももらいます。

ボラカイ島へのチケット2

空港と同じようにセキュリティチェックをして、ターミナルの中に入ります。

さらに中に入る際にバーコード付きのチケットをかざしてフェリー乗り場まで行きます。(駅の改札のようになっていました)

フェリーに乗る前に先ほどもらった用紙を記入するテーブルがあるので、そこで名前などを記入します。何のために書くのかは不明ですが、書くように言われます…

記入した紙はその場で係りの人に渡すと、くしゃくしゃに丸められましたwww

マジで何のために書いたんや…( ̄▽ ̄)

 

そしてやっとボートに乗船できます!!

ボラカイ島へのフェリーに乗船

事前の情報ではフェリーで20分ほどと聞いていましたが、10〜15分ほどでボラカイ島へ到着です。

 

5-4.港からホワイトビーチまで

フェリーを降りると、このような看板が目に入ってくると思います。

ボラカイ島到着

この看板の右のほうに進んで行くと、トライシクルやバイクタクシーなどがいます。

 

トライシクルでボラカイ島のホワイトビーチ、ステーション3までは120ペソでした。

交渉するのも他の運転手に聞くのも面倒だったのでこれ以上安くなるかは不明ですが、そんなに高いとは思わなかったので乗車。

 

ステーション3までは10分強でいけるかと思います。

ホワイトビーチに到着したのが深夜12時前後でした。飛行機が思ったよりも早く着いたので、予想していた到着時間よりも早く着きました\(^o^)/

ボラカイ島バー

ナイトライフを楽しみたい方はステーション1〜2がオススメです。

6.ボラカイ島からの帰り方

帰り方は行きとほぼ同じなので、迷うことはないかと思います。

行きと同じように、トライシクルなどで港に向かうと、フェリーターミナルにはフェリーの乗船券やバンなどを販売しているカウンターが並んでいます。

 

行き先によって値段は違いますが、同じ行き先であれば値段はどこも同じなので、空いている窓口で購入すれば大丈夫です。

行きと違うことはバン付きのチケットを購入した場合、バンの乗車券とシールも渡されるので失くさないようにしましょう。

 

帰りはフェリー乗船代50ペソ(カリボ空港までのバン付きは250ペソ)、ターミナルフィー100ペソが必要です。

またフェリーのチケットとターミナルフィーを支払うところは別です。

帰りのターミナルフィー

そして、また名前等を記入する紙を渡されるので、一応記入しましょう…

帰りのフェリーも10〜15分ほどです。

 

そしてカリボまでのバン付きチケットを購入した場合は、船を降りる頃にシールを目立つようにつけておくと、バンの係員の人が発見してくれるので迷わずに済みます。

昼のカティクラン港はかなり混んでいて、バンなどもたくさんあるのでシールは分かりやすい場所につけておいた方が安心です。

 

そして帰りはバンがいっぱいになるまで30分ほど待ったので、余裕を持ってボラカイ島を出発した方がいいでしょう。

カリボ空港までは昼でも1時間半ほどで到着しました。行きも帰りもカティクランの港⇄カリボ空港は1時間半を見ておけば大丈夫でしょう。

フィリピンでは遅れることが当たり前なので、飛行機などの時間には余裕を持ったスケジューリングをすることをオススメします!!

カリボ空港は小さいので、早くに中に入ってしまうと暇になってしまいます。チェックインカウンターも少ないです…

カリボ空港2

早く空港に着きすぎてしまった場合は、空港の外にご飯屋さんがたくさん並んでいるので、そちらで時間を潰すといいでしょう。

 

7.最後に

今回はボラカイ島までの行き方をご紹介しました。

セブ島からであればカリボ空港を利用すれば往復8,000円ほどで行くことができます。

ホワイトビーチは本当に綺麗で、ビーチも広くのんびりと出来るので、ぜひボラカイ島まで足を伸ばして行くことをオススメします!!!

 

セブ島やマニラまでの飛行機検索はスカイスキャナーがオススメです!


▼ボラカイ島のおすすめホテル情報

クリムゾンボラカイのプール
【厳選】ボラカイ島のおすすめ高級リゾートホテル【ハズレなし】ボラカイ島に旅行に行くけど、どこのホテルがいいだろう…おすすめのホテルはないかな、多少高くてもいいホテルに泊まりたい、こんな方の参考にな...

▼ボラカイ島のアクティビティ・観光情報はこちら

ボラカイ島ホワートビーチ
【おすすめ】ボラカイ島で外せない!定番観光スポットからアクティビティ過去にアジアNo. 1のビーチに輝いたホワイトビーチなどがあるボラカイ島。フィリピン国内だけでなく国外からも多くの観光客が訪れる有名なリ...