海外旅行

バンコクからチェンマイ行きバスのチケット購入方法【VIPバスの予約・支払】

チェンマイ行きソンバットツアーのバス2

タイのバンコクからチェンマイへ行くには飛行機やバス、鉄道など様々な移動手段があります。

やんかな
やんかな
バンコクからチェンマイに安く移動できる方法を知りたい!バスの予約方法を詳しく知りたい。

こんな方のために、今回はバンコクからチェンマイに安く行ける移動方法やバスの予約について情報をまとめてみました。

今後行く方の参考になれば幸いです。

Contents

1.バンコクからチェンマイへのアクセス方法

タイの首都バンコクから北部のチェンマイまでの移動手段は、主に下記の3つになります。

  • 飛行機
  • 鉄道(夜行列車)
  • 長距離バス

それぞれ見ていきましょう。

1-1.飛行機

バンコクからチェンマイへは国内線が飛んでいます。

ドンムアン空港から、エアアジアやノックエア、タイライオンエアーなどが飛んでおり、スワンナプーム空港からもタイ航空、バンコクエアウィズなどが就航しています。

国内線でおよそ1時間ほどと、鉄道やバスに比べて、大幅に時間が短縮できる点がメリット。

現在はLCCなども多く就航しているので、安い時期であれば片道5,000円以下で取ることも可能です。

稀にですが、セールなどを利用すれば鉄道やバスより安い金額で移動できてしまうこともあります。

飛行機での移動は、短期の旅行でチェンマイに訪れる方や、時間を節約したい方にオススメです。

▼航空券の予約はこちらから

1-2.鉄道(夜行列車)

バンコクのフアランポーン駅から鉄道(夜行列車)でチェンマイに行くことも可能です。

長距離バスよりも少し値段は高くなりますが、完全に横になって寝ることができるので、世界中の旅行者からも人気があります。

移動時間はおよそ13〜14時間、料金はクラスによって異なりますが800〜900バーツ(約2,800〜3,150円)です。

1バーツ≒3.5円で計算。

チケットはフアランポーン駅の窓口で直接購入することもできますが、人気路線のチェンマイ行きは週末やハイシーズンなどは1ヶ月前から予約が埋まってしまうことも。

なので事前にオンラインで予約・購入することをお勧めします。

タイ国鉄の公式サイトから、タイ国鉄(SRT)の会員登録(無料)をし購入を進めていきます。

タイ国鉄の公式サイト↓
https://www.thairailwayticket.com/eTSRT/

タイ語か英語のサイトになりますが、英語でもさほど難しくないのでオンラインでの予約に挑戦してみてはいかがでしょうか。

鉄道での移動は、時間はかかっても、しっかり寝たい方や景色を楽しみたい方にオススメです。

1-3.長距離バス

長距離バスはバンコクからおよそ10時間、料金は550〜850バーツ(約1,925〜2,975円)と、鉄道よりも少し早く、そして安く移動できます。

一番安く移動できるので、バックパッカーや交通費を浮かせたい方にオススメです。

安くても日本の夜行バスのようなイメージではなく、食事やドリンクが付いていたり、深く倒れるリクライニングや飛行機のようなモニターが付いていたり、座席も2列のみなどのバスもあるので、快適に移動することができます。

チェンマイ行きソンバットツアーのバス座席1
キャビンアテンダントのような係員も就きます。

バスの発着はバンコクの北バスターミナル(モーチット)から多く出ており、タイ人の旅行者なども多く利用しています。

実際に私もバンコクからチェンマイの往復でバスを利用しました!安い上にとても快適に移動できました(´∀`*)

2.チェンマイへ夜行バスでの行き方

では実際に、行き方やチケットの予約方法をみていきましょう。

バンコクからチェンマイへのバスは多くあり、バス会社やバスのクラスも沢山あります。

中でも私がお勧めするのは「Sombat Tour(ソンバットツアー)」「Nakhonchaiair(ナコンチャイエア)」というバス会社です。

ナコンチャイエアよりソンバットツアーの方が少し料金が高いですが、リクライニングなどが快適なので、次にチェンマイに行くなら迷わずソンバットツアーのバスを選びます。

なので今回は「Sombat Tour(ソンバットツアー)」のバスの予約方法などを詳しくご紹介します。

ナコンチャイエアーのバスの予約方法や搭乗レポートはこちらの記事をどうぞ。

ナコンチャイエアーバスの座席2
【バンコク⇆チェンマイ】ナコンチャイエアーのVIPバスを利用してみた!タイのバンコク〜チェンマイ間の移動には飛行機やバス、鉄道など様々な移動手段があります。中でもバスは最も安く移動できる手段として、地元の人...

2-1.バスの料金・時刻表

ソンバットツアーのチェンマイ行きのバス料金や時刻表は下記の通りです。

チェンマイまでのソンバットツアー時刻表Sombat Tour 公式HPより

「Supreme」のクラスが一番良く、完全2列の仕様で823バーツ。(約2,880円)

続いて「Super」617バーツ(約2,160円)、「Star」529バーツ(約1,850円)の順となっています。

バンコクからのバス乗り場は、モーチットの北バスターミナルと、ソンバットツアー専用のバスターミナル「Viphavadi」の2箇所があります。

2-2.予約サイト

公式サイトはタイ語と英語に対応しています。
https://www.sombattour.com

しかしネットからの予約はタイ語しか対応しておらず、直接窓口でしか買えなさそうでした。

なのでネットで購入できないか調べてみると下記の2サイトからソンバットツアーのバスを予約できそうだったのでトライ。

上記2サイトは正規の料金にプラスで手数料が少し掛かるのと、時期によっては需要が高くなるため料金も高くなるようでした。(ソンクラーンやコムローイ時など)

1つ目のサイト「Thai Ticket Major」の方が若干安かったので、こちらで予約したかったのですが、おそらく私が行った時はコムローイの時期だったので売り切れてしまったみたいで出来ず。

Thai Ticket Majorは2ヶ月前から予約ができるようでした。

私は2つ目の「12Go Asia」というサイトから予約しました。

12Go Asiaはバス以外にも、飛行機や鉄道の時間や料金も一気に調べられるのでとても便。(バスや飛行機のアイコンの隣にバス会社や航空会社が表示されます。)

2-3.予約・支払方法

予約、支払いは先ほどの12Go Asiaのサイトからそのままできます。

バンコクからチェンマイのバス予約サイト1

まず、バンコク⇄チェンマイで指定の日付を選択。(往復も可能です。片道ならOne Wayを選択。)

複数人の予約も可能。

検索をすると下記にバスや鉄道、飛行機などの一覧が値段が安い順に出ます。

バンコクからチェンマイのバス予約サイト2
「Buses」を選択するとバスだけの一覧になります。

さらに、下の方へスクロールしていくと「Sombat Tour(ソンバットツアー)」だけが出てくるので、そこから好きな時間帯を選ぶといいでしょう。

バンコクからチェンマイのバス予約サイト3
この際に「VIP」と表記があるバスを選ぶと、「Supreme」か「Super」のバスになるかと思います。チェンマイまでのソンバットツアー時刻表値段と写真、上記のソンバットツアー公式サイトの時刻表と照らし合わせながら予約すると間違いないでしょう。

値段は手数料も掛かっているので、ソンバットツアー公式サイトよりも高く表示されています。

緑の「Book now」を押して次の画面に進むと、名前などの情報や支払方法の画面に移ります。

バンコクからチェンマイのバス予約サイト4
バンコクからチェンマイのバス予約サイト5
電話番号やアドレス、パスポート番号などを入力して進んでいきます。

バンコクからチェンマイのバス予約サイト6
「Travel insurance」は保険ですが、特に必要ないので「No insurance」を選択するといいでしょう。

バンコクからチェンマイのバス予約サイト7
最後にチェックする項目があります。

上記の2つの項目は利用規約とプライバシーポリシー、キャンセルポリシーに同意するかという質問なので同意するのでチェックします。

3つ目は乗客情報、出発日時が正しいかの確認なので、間違っていなければチェック。

「Recommended services」は優先サポートを受けたい場合にチェックします。(飛行機の優先搭乗のようなものだと思います。)

※340円の追加料金が掛かります。

一般の方であれば必要ないのでチェックはしなくてOKです。

バンコクからチェンマイのバス予約サイト8
最後に支払のクレジットカード情報を入力すれば完了です。支払いはクレジットカードの他に、PayPalが利用できます。

特に難しいことはないので、画面に従って入力していけば簡単にバスのチケットは予約できます。

この後、メールが2通送られてきます。

まずは、予約の支払情報(レシート)のようなメールで、この時点では仮予約のようです。

バンコクからチェンマイのバス予約メール1
2通目のメール(1日後位)が来たらそれで予約確定です。

バンコクからチェンマイのバス予約メール2
バンコクからチェンマイのバス予約メール
2通目のメールにはPDFでバウチャーが添付されていたり、バスの搭乗時間の注意事項などが書かれています。

メールに記載されていたソンバットツアーのバス利用時の注意点は下記の通りです。

  • 出発時間の1時間前までにチェックインを済ませる必要がある
  • 無料の受託手荷物は一人2個25kgまで
  • チェックイン時にパスポートの提示が必要
  • メールに添付されているPDFバウチャーを印刷するか、予約番号のメモを用意しておく

私はタイに行く前に、バスも予約したので念のためバスチャーを印刷していきましたが、メールでもバウチャーを提示できればOKだと思います。

あとは当日、バスターミナルに行くだけです。

2-4.バスターミナルへの行き方

バンコクを出発するバスは時間によって、モーチットの北バスターミナルから出発か、ソンバットツアー専用のバスターミナルからの出発になります。

モーチットの北バスターミナルはこちら↓

北バスターミナルへは、BTSモーチット駅またはMRTチャトチャック駅からタクシーで10分ほどの場所にあります。

北バスターミナル内はとても広いので、時間には余裕を持っていきましょう。

ソンバットツアー専用のバスターミナルもBTSモーチット駅またはMRTチャトチャック駅からタクシーで10分ほどの場所にあります。

タクシーではソンバットツアーもしくはViphavadeeと言えば伝わるでしょう。

ソンバットのバスターミナルソンバットツアー専用のバスターミナル

配車アプリなどを使うとスムーズに移動できるのでオススメです。

【東南アジアで大活躍】Grab Taxi(グラブタクシー)の登録・利用方法東南アジアでの移動方法にGrab Taxi(グラブタクシー)を利用したいと思っている、具体的な登録方法や利用方法を知りたい。 こん...

3.実際に利用して

実際に私もソンバットツアーのバスを利用して、バンコクからチェンマイまで行って来ました。

「Supreme」の一番上のクラスを「12Go Asia」のサイトから予約。

正規の823バーツに加えて、オンライン予約フィー(予約サイトの手数料)が329バーツ(約1,150円)が掛かりました。

2人分合わせて予約しましたが、オンライン予約フィーが二人でこの値段なのか、一人でも329バーツかかってしまうのかは分かりません…

少し高くなってしまいますが、事前にネットで予約できているので安心感はあります。

バスの座席も全て2列で、1列ずつ独立しているので、飛行機のエコノミーよりも快適に過ごせます。

リクライニングも深くまで倒れるので、ほぼ横になって寝ることができます。

チェンマイ行きソンバットツアーのバス座席2
ここまでメリットしか書いていませんが、気になるデメリットは…ほぼないです。

唯一あげるとしたら、少し冷房が効いていて寒いということです。

なのでバスに乗る際は、厚着をするか、ストールなどをひざ掛けとして利用するといいでしょう。

4.最後に

今回は、バンコクからチェンマイに行くバスの予約方法などをご紹介しました。

バスは一番安く移動できる上、夜の移動にすれば宿代を1泊分浮かせることもできます。

バックパッカーや交通費を浮かせたい方、時間に余裕のある方はぜひバンコクからチェンマイにバスで移動してみてはいかがでしょうか。

▼ホテルの予約はこちらから↓

バンコクまでの航空券の検索にはスカイスキャナーが便利でオススメです。