海外旅行

【おすすめ】ウラジオストクの格安・快適ゲストハウスレビュー

今ロシア観光で注目されている都市が、日本からわずか2時間半で行けるウラジオストク。

簡易の電子ビザで行けるようになり、今後日本からの観光客も増えることが予想されます。

今回はそんなウラジオストクへ旅行予定の方必見、格安・快適なゲストハウス(ホステル)の体験談と美味しいブリヌイ(ロシア版クレープ)専門店のご紹介をします*\(^o^)/*

Contents

私は、ウラジオストクへの渡航は1回のみですが観光のほとんどを徒歩で回ったので、ある程度の土地勘もつきました。

旅の移動・宿泊はなるべく安く済ませて(というか安さ重視!笑)他のことにお金を使いたいと思っていますので、同じような感覚の方はぜひ参考にしてみてください。

1.格安・快適ゲストハウスレビュー【Lighthouse(旧ホステルズルースウラジオストク)】

私が宿泊したのはウラジオストク駅から徒歩15分の距離にある『Lighthouse(旧Hostels Rus Vladivostok・ホステルズルースウラジオストク)』です。

結論として本当に最高です!!

海沿いの高い位置にあり、窓から眺める景色が絶景。

Booking.comから予約したのですが、決め手はこの景色!!

ホステルズルースウラジオストクからの眺め写真はBooking.comより

これだけでも泊まる価値ありじゃないですか?!

気になる料金は、男女共用ドミトリーで一泊およそ600〜750円!!!

安い!!!!!コスパ最強です。

》Agodaでホテルをチェックする
》Expediaでホテルをチェックする

では実際に泊まってみてのメリット・デメリットです。

  • スタッフ優しい
  • 安い静かでオシャレ、そして綺麗
  • オーシャンビュー
  • Wi-Fi快適
  • ベッドにコンセント・カーテンあり
  • セキュリティーロッカーあり
  • ドライヤー貸出あり
  • バスタオル無料貸出
  • シャンプー・ボディーソープもらえる
  • 洗濯機・乾燥機が100R(約200円)で使用可能
  • 水・お湯・コーヒー・紅茶飲み放題
  • 徒歩5分でスーパーあり
  • シャワーが1つしかない
  • 入り口が分かりにくい

シャワーが1つしかないので混雑時は待つかもしれませんが、私が泊まった時は特に他の方と被ることもありませんでした。

ホステルズルースウラジオストクのシャワールームシャワールーム

建物の入り口は分かりにくいですが、ドアを開けると左手にゲストハウスの看板?があるので、階段を登っていくと玄関があります。

ホステルズルースウラジオストクの外観ホステル外観
ホステルズルースウラジオストクの看板階段下の看板

デメリットはほぼないですね。

ウラジオストクの駅からは徒歩15分ほどかかりますが、海沿いの落ち着いた雰囲気がとてもいいです。

初めてのロシアで言葉がわからなくて不安な方は空港からの送迎などを利用してもいいかと思います。
゜:*★ウラジオストク空港⇔ホテル送迎<貸切/日本語アシスタント>★*:°

》Agodaでホテルをチェックする
》Expediaでホテルをチェックする

ホステルズルースウラジオストクの共有スペース共有スペース
ホステルズルースウラジオストクの洗濯・乾燥スペース洗濯機・乾燥機
ホステルズルースウラジオストクのベッドルームドミトリールーム

 

コスパも良いし、眺めもいい。そして何よりスタッフが優しい( ^ω^ )

私がサーカスを見たいと話したらわざわざ調べて電話までしてくれました。

【コスパ最高!】ウラジオストク国立サーカスへの行き方日本からわずか2時間半で行ける極東のロシアの都市「ウラジオストク」。 今回はそんなウラジオストクでサーカスを見てきたので、その時の...

実際滞在してて不満は全くありませんでした。

なのでウラジオストクに行く際は、また絶対こちらに泊まろうと思います。

ちなみに私は宿を予約する際はいつも、下記の3社を比較して一番安いサイトから予約しています。

》Agodaでホテルをチェックする
》Expediaでホテルをチェックする

2.ロシアのクレープ【美味しいブリヌイ専門店】

宿泊場所が決まったら、次は観光。そして美味しい食事も欠かせません。

ロシア料理と聞いて一番に挙がるものといえば、ピロシキやボルシチでしょうか。

しかしそれだけではありません!!ロシア語で『ブリヌイ』と呼ばれるクレープもポピュラーな存在です。

ホテルの朝食バイキングや空港のラウンジなんかにも用意されているほどです。

そんなロシアで親しまれているブリヌイの専門店がウラジオストクにあります。

『Ugh Ty, Blin(ウフ・トゥイ・ブリン)』です。

■Ugh Ty, Blin(ウフ・トゥイ・ブリン)
  • 営業日:月〜日曜日
  • 営業時間:10:00〜22:00

ウラジオストク駅から徒歩10分程で、オシャレなアドミラーラ・フォーキナー通り(噴水通り)にあります。

キリル文字の看板なので読むのは難しいと思いますが、ブリヌイのイラストが描かれているので分かりやすいと思います。

アドミラーラ・フォーキナー通りのショップ赤い看板の緑のお店がブリヌイ専門店

店内に入ると奥にカウンターがありこちらで注文と支払いをし、席で待つスタイルです。支払いはカード払いも可能です。

またロシア語がわからなくても、英語、日本語のメニューがあるので安心です。

メニューを借りて一度席について選んでもOK。

ブリヌイの種類が豊富なのでじっくり考えることをオススメします(^^)どれも美味しそうで本当に迷います。。

 

席は自由に座って大丈夫です。特に店員さんが案内をしてくれることはありません。

時間帯にもよりますが、結構混んでいるので席は見つけたら先に確保しましょう。

一応海外なので貴重品を席に置いて離れるようなことはしないでください。

ブリヌイにはお食事系のものと甘いスイーツ系のものがあります。

私はサーモンときゅうりのブリヌイと、アプリコットとカッテージチーズのブリヌイを注文しました。

ウラジオストクのブリヌイ専門店意外とボリューミー

10分ほどでブリヌイ登場!!

手前がサーモンときゅうり、奥がアプリコットとカッテージチーズのブリヌイ。

冷静に周りを見渡すとみんな一人一つしか注文してなかったです…1人でこの量は頼みすぎたかもしれません…

すごいボリューミーでお腹いっぱいになりました…(笑)

肝心な味は…めっっっちゃ美味しい\(//∇//)\

ウラジオストクのブリヌイクレープの生地がもちもちしてて、専門店で食べるブリヌイは別格です!!

美味しすぎて次の日も行きました。(笑)

マッシュルームとチーズのブリヌイをテイクアウト。店内で食べるだけでなくお持ち帰りもできます\(^o^)/

こちらのブリヌイが食べたすぎて、またウラジオストクに行こうかと考えています。

それほど美味しいので、ぜひウラジオストクへ行った際は訪れてみてください。

3.おまけ【庶民的なロシア料理を味わうならストロバヤ】

ブリヌイの他にもロシア料理を食べたい方におすすめなのが、ストロバヤと呼ばれる食堂です。

地元の方も利用していて料金も安く、美味しいです。

私が行ったストロバヤはこちら。『dining 8 minutes』です。

■dining 8 minutes
  • 営業日:月〜日曜日
  • 営業時間:8:00〜23:00時

アドミラーラ・フォーキナー通り(噴水通り)の1本隣の通りにあり、先程紹介したブリヌイの専門店からも近いです。

写真を撮り忘れてしまいましたが、外観はピンクで可愛いらしい建物です。

学生食堂のように食べたいメニューをトレーにのせてレジで精算するスタイルで、ロシア語が分からなかったり、料理の名前が分からなくても、指差しで好きなものを注文できます。

ウラジオストクのストロバヤ

支払いにはカードも利用可能で、朝早くから夜遅くまでやっているので利便性が高いです。

店内はとても広く、お酒なども注文できます。

ウラジオストク食事これで500円ほど。安い!
ウラジオストクのストロバヤ店内可愛らしい店内

安く色々食べたい方にとってもオススメです。

是非ブリヌイ専門店と合わせて食べ歩きをしてみてはいかがでしょうか(^^)

4.気軽にヨーロッパ気分!ウラジオストクへ

今回は以上になります。

コスパ最高のホステルで素敵なウラジオストクでの滞在をお楽しみください♡

》Agodaでホテルをチェックする
》Expediaでホテルをチェックする

▼ウラジオストクのおすすめ観光スポットはこちら

【日本から2時間半でロシア!?】極東のヨーロッパ・ウラジオストクのおすすめ観光スポット8選日本からわずか2時間半で、簡単にヨーロッパ気分を味わえるロシアの港町「ウラジオストク」。 シベリア鉄道始点の地で、街並みはヨーロッ...

▼ウラジオストクのサーカス情報はこちら

【コスパ最高!】ウラジオストク国立サーカスへの行き方日本からわずか2時間半で行ける極東のロシアの都市「ウラジオストク」。 今回はそんなウラジオストクでサーカスを見てきたので、その時の...


▼ウラジオストクまでの飛行機検索はスカイスキャナーがオススメです!


▼ホテル予約おすすめサイトはこちら↓