セブ留学

自力でボホール島へ!総額費用まとめ【ツアーvs自力手配、どっちが安い?!】

ロボックジップライン4

セブ島からフェリーで2時間でアクセスできるボホール島。

セブからも多くのツアーが出ていますが、自力で行くのとツアーに参加するのはどっちが安いだろう…?

こんな疑問を持つ方も多いはず。

今回は実際に自力で1泊2日でボホール島へ行ってきたので、かかった費用をまとめてみたいと思います。

ボホール島へ行く方の参考になればと幸いです。

Contents

1.ボホール島への行き方

ボホール島はセブ島からフェリーで2時間ほどで行くことができる離島です。

フェリーはセブシティポートのPier1から出ています。

詳細の行き方はこちらの記事を参照してください。

ボホール島のターシャ
【セブ島から2時間】ボホール島への行き方【安い個人手配がオススメ】チョコレートヒルズ、世界最小のメガネザル「ターシャ」、ジップラインやバギーなどのアクティビティが有名なボホール島。アロナビーチやバリカサ...

2.1泊2日のボホール旅行でかかった総額

1泊2日のボホール旅行でかかった総額は、約5,900ペソ。(2019年2月現在のレートでおよそ12,500円

語学学校のあるマクタン島からセブシティポートへの往復のタクシー代、もちろん宿泊代も込みです。

ボホール島へのショートトリップでかかる費用は、主に下記の通りです。

  • 交通費
  • 宿泊費
  • 食事代
  • アクティビティ・観光代

二人で行ったのでタクシー代などの交通費は1人分で計算しています。(4人ぐらいで行けばもう少し安くなります。)

では細かく見ていきます。

2-1.交通費(フェリー・タクシー代)

交通費の内訳↓

■交通費
フェリー代(往復):1,000ペソ
フェリーターミナルフィー(行き):25ペソ
フェリーターミナルフィー(帰り):20ペソ
セブシティポートまでのタクシー代(往復):430ペソ
タグビラランからアロナビーチまで:500ペソ

合計:1,975ペソ

ちなみに私たちは、1日目は着いてすぐに終日ダイビングに出かけました。

ダイビングショップのあるアロナビーチまではタグビラランの港から30分ほどかかるので、ダイビングショップに送迎をお願いしました。

二人で1,000ペソなので一人500ペソ。

タクシーなどを使えばもっと安く移動できると思います。

スポンサーリンク

2-2.宿泊費

今回は安く抑えたかったので、1泊1,100ペソのホテルに宿泊。

一部屋当たりの金額なので2人で割って一人550ペソでした。

ちなみに水シャワーでしたが…アロナビーチがすぐ目の前なので、立地はとても良かったです\(^o^)/

私が宿泊したホテルはこちら

 

アロナビーチ付近のホテルは比較的リーズナブルなホテルが多くあります。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

ピラミッドビーチリゾートのビーチ
日帰りだけじゃもったいない!!ボホール島のおすすめホテル5選海あり、山ありのリゾートアイランド「ボホール島」。 ボホール島へはセブからフェリーで2時間とアクセスが良く、日帰りでの観光も可能で...

2-3.食事代

食事も観光地なだけあるので、セブシティと比べると若干高いです。

特にアロナビーチ沿いでの夕食などは、日本より少し安いかな〜ぐらいの感覚でいた方がいいです。

■食事代
1日目朝食・昼食:約250ペソ(コンビニで)
1日目夕食:350ペソ
1日目フルーツ:100ペソ
2日目朝食:220ペソ
2日目昼食:250ペソ

合計:1,170ペソ

1日目は早朝5時の便でボホール島に向かったので、朝食はコンビニで買って済ませました。

また、着いてすぐに終日ダイビングだったので、お昼の分もコンビニで調達。

夕食はアロナビーチ沿いのレストランで。

アロナビーチでの夕食チキンとご飯、マンゴージュースで350ペソ…セブシティで同じものを注文すれば200ペソぐらいで食べれると思います…

デザートでアロナビーチ沿いで販売されていたフルーツを購入。100ペソ。

アロナビーチで売られていたフルーツ2日目の朝食もアロナビーチ沿いで海を眺めながらおしゃれなカフェで。

アロナビーチカフェ2 アロナビーチカフェ アロナビーチでの朝食こちらも少々高いですが、とっても美味しかったので満足( ^ω^ )

2日目の昼食は観光の途中、ロボック川付近のお店でバイキング。ジュース付きで250ペソ。

ボホール島でのランチロボックリバーランチも500ペソで1時間リバークルーズをしながらビュッフェが楽しめるので人気があります。

ツアーなどに含まれていることが多いです。

゜:*★世界最小のメガネザル「ターシャ」+空中自転車!【ランチ代込・Go Pro貸出可】★*:°

2-4.アクティビティ・観光代

ボホール島は観光スポットやアクティビティがたくさんあるので、一番お金を使いました。

■アクティビティ・観光代
1日車チャーター:1,000ペソ
駐車場代・チップ:100ペソ
CHAP入場料:60ペソ
スカイサイクリング:450ペソ
写真代:100ペソ
ジップライン:450ペソ
ターシャ入場料:60ペソ

合計:2,220ペソ

当初はハーバルハーバル(バイクタクシー)を1日チャーターして観光しようかと思っていました。

しかし天気が心配だったのと、ボホール島は道がさほど良くなく、バイクじゃキツそう…ということで車をチャーターすることにしました。

ボホール島ツアー
アロナビーチ沿いには島内の観光スポットを巡るツアーの客引きの方がいっぱいいるので、そちらで交渉するのがオススメです!!

私たちも前日の夜8時頃に予約しました。

ちなみにプライベートではなく、他の人も一緒に参加するグループツアーに参加すれば一人400ペソでチョコレートヒルズやジップライン、ターシャなどの主要観光スポットを巡れます。

こちらは確か朝9時にホテルに迎え、ツアー終了後17時にホテルへの送迎も込みとのことでした。

これ、かなりお得だと思います!!

私たちは帰りのフェリーが17時だったので、間に合わないということでこちらのツアーには参加せず、車を1台チャーターしました。

1台2,500ペソとのことでしたが、かなり粘って交渉して2,000ペソに!!

なので一人1,000ペソ。

4人で行けば一人500ペソ前後で車をチャーターして、好きなところに連れて行ってもらえます。帰りも港まで送迎してもらえたので、楽チンでした♪

ボホール島で外せない定番観光スポット、おすすめアクティビティなどはこちらの記事をどうぞ。

チョコレートヒルズ
【見どころ満載】ボホール島の定番観光スポット・アクティビティ10選セブ島からフェリーで2時間でアクセスできるボホール島。 今日は自然豊かなボホール島のおすすめ観光スポットやアクティビティをご紹介し...

3.ツアーとの比較

セブからの日帰りのツアーだと1万円前後します。

ただ、面倒なフェリーチケットの購入や、観光で車などをチャーターする手間などを考えると、ランチなども全て含まれているツアーも楽でいいかと思います*\(^o^)/*

ボホール島出発と、セブ島出発のものがあります。

▼ボホール島出発

゜:*★【ボホール発】世界最小のメガネザル「ターシャ」+空中自転車!【ランチ・日本語ガイド込み】★*:°

゜:*★【タグビララン港発】メガネザル+チョコレートヒルズ+ジップバイク【ランチ・往復送迎・日本語ガイド】★*:°

▼セブ島出発

゜:*★世界最小メガネザル「ターシャ」見学&チョコレートヒルズの2大定番スポット【ランチ・日本語ガイド・ホテル送迎可】★*:°

゜:*★【セブ島往復送迎】メガネザル+チョコレートヒルズ+ジップバイク【ランチ・日本語ガイド】★*:°

 

海も楽しみたい方は、こちらのパングラオ島にも行くツアーもあります(^^)
゜:*★ボホール島とパングラオ島ビーチを一日で満喫ツアー【ランチ付・日本語ガイド・ホテル送迎可】★*:°

ご自分の旅行スタイルに合わせて、自力で行くか、ツアーに参加するか検討するといいでしょう。

4.最後に

今回は、ボホール島へ自力で行った場合の総額をまとめてみました。

ボホール島への観光をお考えの方の参考になれば幸いです。

ボホール島は山に海にと見所がたくさんある島なので、個人的には自力で手配して、なおかつ泊まりで訪れることをオススメします\(^o^)/