セブ留学

フィリピン最後の秘境エルニド(El nido)への行き方【セブ島→エルニドを詳しく解説】

エルニド

フィリピン最後の秘境と呼ばれているパラワン島の「エルニド(El nido)」

トリップアドバイザーのアジアのベストビーチにも選ばれたこともあり、日本での知名度も上がってきています。

今回はそんなエルニドへの行き方を解説していきます。

最後の秘境と呼ばれるエルニドに行ってみたい、どのように行けばいいだろう、という方の参考になれば幸いです。

Contents

1.エルニドとは

フィリピン最後の秘境と呼ばれるパラワン島の「エルニド(El nido)」

周りは断崖の岩山に囲まれ、ホワイトサンドのビーチやエメラルドグリーンの海、数々のシークレットビーチを見ると、最後の秘境と呼ばれているのも納得できます。

エルニド2

今回はセブ島留学中にエルニドまで行って来たので、行き方を解説していきます。

\ちなみに私が通っていた学校はオンライン英会話もあります/

セブ島からの行きはプエルト・プリンセサ空港を経由、バンを利用し費用を安く抑えました。

帰りはエルニド空港からエアスイフトの飛行機を利用して楽々セブ島に戻ってきたので、行き方と帰り方を詳しくみていきます。

エルニドでのオススメのホテルはこちら。

エル ニド・オーバールッキングテラス
【高級リゾートやホステルなど】パラワン島の秘境エルニドのおすすめホテル6選フィリピン最後の秘境と呼ばれるパラワン島の「エルニド」。 周りは断崖の岩山に囲まれ、ホワイトサンドのビーチやエメラルドグリーンの海...

2.日本からエルニドへの行き方

まずは日本からの行き方を簡単に解説します。

日本からの行き方は2パターンあり、ザッと下記の通りです。

■パターン①エルニド空港へ(エアスイフト利用)
①日本からフィリピンのマニラorセブ島へ
②マニラorセブ島からエルニド空港へ(エアスイフトの飛行機を利用)

■パターン②プエルト・プリンセサ空港へ(バン利用)
①日本からフィリピンのマニラorセブ島へ
②マニラorセブ島からパラワン島プエルト・プリンセサ空港へ
③プエルト・プリンセサ空港からバンでエルニドへ

日本から飛行機でマニラorセブ島に渡り、マニラorセブ島からエアスイフト社(Air Swift)の飛行機で直接エルニド空港へ向かうか、プエルト・プリンセサ空港を経由しバンでエルニドへ向かうかの2通りです。

エルニド3

2-1.エアスイフト利用、エルニド空港へ

まずは日本からマニラ空港やセブ・マクタン空港などに向かいフィリピンへ入国します。

その後、国内線のエアスイフト(Air Swift)を利用しエルニド空港へ。

日本からエルニドへの直行便はないので、マニラもしくはセブで乗り継ぐ必要があります。

日本からフィリピンまでは5〜5時間半のフライト、マニラからエルニドまでは約1時間20分セブからエルニドまでは約1時間半のフライトです。

乗継時間は十分確保しましょう!!!場合によってはマニラやセブで1泊することもお勧めします。

私はいつも航空券を探す際はスカイスキャナーを利用します。


ただし、日本からエルニドで直接検索をかけても出ないので、一度日本からマニラorセブ島で予約をし、マニラorセブ島からはエアスイフト(Air Swift)の公式サイトから予約することをオススメします。

 

ちなみにエルニド空港まで行けるエアスイフトの飛行機は、フィリピンの国内線にしてはかなり高いです。(マニラorセブ島からエルニド空港まで往復15,000〜20,000円前後

もっと安く行きたいという方は次のプエルト・プリンセサ空港経由の行き方をオススメします( *`ω´)

2-2.プエルト・プリンセサ空港経由、バン利用

先程と同様に、まずは日本からマニラ空港やセブ・マクタン空港などに向かいフィリピンへ入国します。

その後、国内線でパラワン島にある「プエルト・プリンセサ空港」に向かいます。

プエルト・プリンセサ空港はパラワン島のちょうど真ん中あたりにあります。(エルニドはパラワン島の北部)

マニラorセブ島からは片道1時間20分ほどの飛行時間です。

料金は安くて往復4,000円前後から高くても7,000円前後と、直接エルニド空港へ行くよりもかなり安く収まります。(半額以下!)

ただし、プエルト・プリンセサ空港からバンに乗り継ぎエルニドへ行く必要があり、所要時間は6時間ほどです。(1人700ペソ約1,500円)

費用は安く抑えられますが、プエルト・プリンセサ経由で行くと時間がかかるので、時間に余裕のある方にオススメします。

時間とお金を天秤にかけてご自身の旅行スケジュールに合った行き方をお選びください。

3.実際に行ってみた【セブ島→プエルトプリンセサ→エルニド】

ここからは私も実際にプエルト・プリンセサ経由でエルニド行ってきたので詳しく解説していきます、と言いたいところですが…

先日iphoneのデータが全て飛んでしまったので(旅のメモが消えた…)疎い記憶を巡らせながら書いていきます!

3-1.セブ島からプエルト・プリンセサ空港へ

セブ島からプエルト・プリンセサ空港まではセブパシフィックを利用して行きました。

他にもフィリピン航空やエアアジアなどが就航していますが、おそらくセブパシフィックが一番安いかと思います。



ただしセブパシは遅延することも多々あるので注意が必要です!!

実際に私もセブパシの朝7時35分発の飛行機でしたが、1時間近く遅れました。

AM8:30

定刻より1時間ほど遅れてセブ島マクタン島を出発。

AM9:50

セブ島からプエルト・プリンセサまでは1時間半弱のフライトなので9時50分頃にプエルト・プリンセサ空港に到着。

プエルトプリンセサ空港3プエルトプリンセサ空港1プエルトプリンセサ空港2ターンテーブルで荷物を受け取るまで10分ほど待ちました。

外国人旅行者が多いためか、両替ができたり、SIMカードが販売されていたりします。

プエルトプリンセサ空港4

3-2.プエルト・プリンセサ空港からエルニドまで

AM10:00

空港の建物を出ると、タクシーやバンの客引きがいます。

おそらくどこの会社のバンもエルニドまでは700ペソ〜(約1,500円)が相場となっています。

すぐ目の前にいたおばちゃんの客引きに話を聞くと700ペソだったので即決。空港の建物右のほうにチケットデスクがあるので、そこで料金を支払います。

そして、ここでも学生証を見せると学割が効きました!!(バンの会社によっては効かないかも?)

確か100ペソ値引きされ、600ペソになりました(^^)

留学中の方は学割が効くか確認してみるといいでしょう。(その際は学生証の提示が必要になります。)

バスでエルニドまで行く方法もある(かなり安い)ようですが、途中に見たバスはかなりボロボロだったので、バンで行くことをお勧めします。

AM10:30

チケットを購入したらバンが停まっている駐車場まで案内されます。

乗客がいっぱいになったら出発するスタイルなので、人が集まるまでバンの中か外で待機します。(確か14名ほどが乗れるバンでした。)

1列に4人座るので結構ぎゅうぎゅうです。長時間の移動になるので席取りは大事!!

30分ほど待っていっぱいになり、出発です。

PM12:30

2時間ほど走ったところでトイレとお昼ご飯の休憩です。

私が立ち寄った所は、ショーケースに入った料理から好きなものを頼むスタイルのお店でした。

写真を撮り忘れましたが料理はよくあるフィリピンのチープな料理といった感じです。(フライドチキンやアドボなど)

PM13:00

30分ほどの休憩で再度出発です。

エルニドまでの道のりは山を超えていくので、坂道やくねくねした道が多いです。
その割にかなりスピードを出すので、夜の移動はお勧めしません。(治安的にも)
プエルト・プリンセサからエルニドまでのバンでの移動は明るいうちにすることをお勧めします。

PM15:00過ぎ

バンの終点「El Nido Transport Terminal」に到着です。

事前の情報ではプエルト・プリンセサからエルニドまではバンで6時間ほどかかるとのことでしたが…

爆速ドライバーだったせいか…約4時間半でエルニドに到着しました…!!( ゚д゚)

3-3.エルニドに着いたら【エルニド内の移動手段】

バンは「El Nido Transport Terminal」までしか行かないので、その先のエルニドタウン(街中)まで行く場合はトライシクルに乗り換えて行きます。

バンの終点であるトランスポートターミナルには多くのトライシクルが停まっているので、移動の心配はありません。

エルニドでの移動はトライシクルやレンタルバイクなどが主流になります。

私が宿泊したホテルはエルニドタウンに位置する1泊1,000円前後のホステル『Our melting pot hostel el nido』です。

エルニドタウンはバーやレストラン、ダイビングショップが多く集まる街中(港近く)のエリアで、ビーチからも近いのでオススメです\(^o^)/

エルニドタウンまでは、トランスポートターミナルからトライシクルで約10分、50ペソほどです。

ちなみにエルニドで宿泊する場合は、トランスポートターミナル付近には割と高めなホテルが建ち並び、安めなホテルは港近くのエルニドタウンに多くある印象です。

 

▼ホテル予約おすすめサイトはこちら↓

ご自身の旅行スタイルに合わせてホテルを選ぶといいでしょう(^^)

高級リゾートに宿泊したい方は下記の記事から選ぶとオススメです!

エルニドリゾーツアプリット島3
【絶対泊まりたい】1島1リゾートでラグジュアリーステイ【エルニドの極上ホテル】今回はフィリピンのエルニドで絶対に泊まりたい、1島1リゾートの極上リゾートホテルをご紹介します。 自然が多く残るエルニドの離島では...

4.エルニドからの帰り方【エアスイフト利用・エルニド空港→セブ島】

行きはプエルト・プリンセサ空港経由でバンを利用し安く行きましたが、帰りは日本に戻る都合上、高くはなりましたがエルニド空港からエアスイフトの飛行機を利用し楽々セブ島まで戻りました。

ではエルニド空港からセブ島までの帰り方を解説していきます。

4-1.エルニドタウンからエルニド空港へ

エルニド空港はエルニドタウンからトライシクルで約25分ほどです。

料金は最初は300ペソと提示されましたが、交渉して250ペソ(約530円)にしてもらいました。

エルニド空港までの道はまだ舗装されていない場所もあるので、かなり揺れます…荷物などは落ちないように注意してください(笑)

 

エルニド空港は新しく、まだエアスイフトしか就航していません。

空港の入口で搭乗便とパスポートの確認があり、中のチェックインカウンターでチェックインする形になります。

エルニド空港1空港自体はかなり綺麗でまるで高級リゾートのような造りです。小さな空港なので、ラウンジなどはありません。

ただし、チェックイン後の搭乗待合室では、ドリンクやコーヒー、ナッツなどが自由にもらえました。(写真左のほう)

エルニド空港2マニラ行きの飛行機が結構頻繁に出ていた印象です。利用者の多くは外国人の旅行客です。

4-2.エルニド空港からセブ島マクタン空港へ

帰りのエアスイフトは遅れることなく定刻通りの出発でした。

AM8:35

歩いて飛行機に搭乗します。(プロペラ機)

エルニド空港3

AM8:55

ほぼ定刻通りに出発です。

機内はこんな感じ↓

エアスイフト機内 座席は少し狭め?LCCのような感じです。

エアスイフト座席

AM10:15

定刻より20分ほど早めにセブ島に到着しました。

エルニド空港を利用すると料金は高くなりますが、あっという間にセブ島もしくはマニラまで行けるのでとても便利です(*´∇`*)

5.エルニドへの行き方【まとめ】

セブ島からエルニドまでの行き方と料金、所要時間をまとめると下記の通りです。

■パターン1
①エアスイフトの飛行機でエルニド空港
(約1時間半:往復約15,000〜20,000円)

■パターン2
①飛行機でプエルト・プリンセサ空港へ
(約1時間半:往復約4,000〜7,000円)

②プエルト・プリンセサ空港からバンでエルニドへ
(約4時間半〜6時間:正規料金700ペソ/学割600ペソ)

行き方によって料金や所要時間が異なるので、ご自身の旅行スタイルや日程によって最適な方をお選びください(^^)

ぜひ、エメラルドグリーンの海と断崖の岩山に囲まれた秘境「エルニド」で、日頃の疲れを癒しに行ってみてはいかがでしょうか。

自然の素晴らしさと、田舎ならではののんびりとした時間に癒されること間違いなしです*\(^o^)/*

 

セブ島やマニラまでの飛行機検索はスカイスキャナーがオススメです!


▼エルニドで外せないアイランドホッピングの情報はこちら

スモールラグーン2
エルニドで外せない!絶対オススメのアイランドホッピング【ツアーAに参加】フィリピン最後の秘境と呼ばれるパラワン島の「エルニド」。 エルニドといえば、エメラルド色のラグーン!そしてそれを囲う奇岩の数々。そ...

▼エルニドの観光情報はこちらの記事をどうぞ

エルニド3
【フィリピン最後の秘境】エルニドで人気のおすすめ観光スポット・アクティビティ5選フィリピン最後の秘境と呼ばれるパラワン島の「エルニド」。 美しい海と断崖の岩山が特徴のエルニドは、世界のベストアイランドトップ15...

▼ダイビングに興味のある方はこちらの記事もどうぞ

エルニドのダイビング7
【美しいサンゴと地形が織りなす海の世界】最後の秘境エルニドでダイビングをしてきたフィリピン最後の秘境と呼ばれるパラワン島の「エルニド」。 美しい景色や海を持つエルニドは、海中でも綺麗なサンゴや地形などが広がりダ...