セブ留学

エルニドで外せない!絶対オススメのアイランドホッピング【ツアーAに参加】

スモールラグーン2

フィリピン最後の秘境と呼ばれるパラワン島の「エルニド」。

エルニドといえば、エメラルド色のラグーン!そしてそれを囲う奇岩の数々。その光景はまさに圧巻です!!

今回はそんなエルニドでのオススメのアクティビティ「アイランドホッピング」の詳細をご紹介します。

アイランドホッピングにも種類があって迷っている、申込方法や1日の流れを知りたい、という方の参考になれば幸いです。

Contents

1.エルニドのアイランドホッピングとは

フィリピン最後の秘境と呼ばれているパラワン島にあるエルニド

Travel + Leisureが行っているThe 15 Best Islands in the World世界のベストアイランドトップ15ランキングの最新2019年版でも2位にランクイン(過去13年、17年には1位を獲得)するなどパラワン島は世界からも注目される島で、世界中から観光客が多く集まります。

エルニドへの行き方はこちらの記事をどうぞ。

エルニド
フィリピン最後の秘境エルニド(El nido)への行き方【セブ島→エルニドを詳しく解説】フィリピン最後の秘境と呼ばれているパラワン島の「エルニド(El nido)」。 トリップアドバイザーのアジアのベストビーチにも選ば...

ダイビングやシュノーケルも楽しめますが、中でもアイランドホッピングはエルニドに訪れたら外せない定番のアクティビティです。

エルニドの海や地形を楽しみたいのなら、アイランドホッピングへの参加は必須です*\(^o^)/*

コロンコロンビーチ今回私もアイランドホッピングのツアーAに参加してきたので、詳細をご紹介していきます。

2.ツアーの申込方法

エルニドでのアイランドホッピングは、現地で申込が可能です。

申込方法は下記の通りです。

  • 現地のツアーデスクで申し込む
  • ホテルで手配してもらう
  • インターネットから事前に予約

注意点としては、同じツアー内容でも代理店によって行く場所が若干異なったり、天候によっては行けない場所が出てきたりします。

実際に私もツアーAに参加しましたが、含まれているはずのBig Lagoonには行けないと言われました。

予約時に行きたいところに行けるかきちんと確認してみることをお勧めします。

2-1.現地のツアーデスク

エルニドタウンには多くのツアーデスクがあります。歩いているだけで至る所に看板があるので、すぐにわかるでしょう。

私もこの方法で前日に申し込みを行いました。

最初に訪れた所では「明日のツアーはすでに満席」と断られてしまいました…(前日夕方の時点)

他のツアーデスクでは予約可能だったので無事そちらでお願いしました。

環境配慮と混雑緩和のため、各ツアーに制限人数が設けられているようです。おそらくBig Lagoonに行けなかったのもこのため。

なので予約は前々日か前日の早めの時間帯にすることをお勧めします。

その場でツアー代を支払って、領収証のような控えを貰い、ツアー当日は指定された集合場所と時間に行けばオッケーです。

2-2.ホテルで手配してもらう

ホテルを通しても手配してもらえます。

ホテルを通す場合も、前々日か前日にはお願いしていたいところです。

エルニドでのオススメのホテルはこちら。

エル ニド・オーバールッキングテラス
【高級リゾートやホステルなど】パラワン島の秘境エルニドのおすすめホテル6選フィリピン最後の秘境と呼ばれるパラワン島の「エルニド」。 周りは断崖の岩山に囲まれ、ホワイトサンドのビーチやエメラルドグリーンの海...

ちなみにエルニドタウンのツアーデスクで申し込んだら、多くの場合、エルニドビーチからボートが出発します。

高級リゾートなどが集まるコロンコロンビーチ周辺で申し込んだ場合は、そちらから出発になることが多いようです。

私はなぜかエルニドタウン内のツアーデスクで申し込みましたが、コロンコロンビーチから出発となりました。

2-3.インターネットから事前予約

実際に私は利用していないですが、台湾人の友人はインターネットから事前に予約をしていました。

現地に着くのが遅くなるが翌日にはアイランドホッピングに参加したい、現地に着いてからじゃ予約できるか不安、という方は、インターネットから事前に予約するのもいいでしょう。

予約はこちらから可能です↓
https://www.elnidoparadise.com/island-hopping/el-nido-tours/

英語のサイトですが、写真などもあるので比較的わかりやすいかと思います。

ただし、実際には利用していないので支払いなどがどのような仕組みかは分かりません…(おそらく現地での支払いになるかと思いますが)

3.ツアーの種類

アイランドホッピングにはツアーA〜Dまでの4種類があり、それぞれのツアーで値段や行き先が違います。(値段は1,200〜1,400ペソ)

どのツアーも朝8時半に集合、9時頃に出発し、夕方4時頃に戻ってくる日程となっています。

また、すべてのツアーでランチ、タオル、ライフジャケット付きです。(ツアーAはシュノーケリングセットも無料でした。)

エルニドのアイランドホッピングツアーに参加する際には、「環境税(Enviroment Fee:200ペソ)」を支払う必要があります。10日間有効なのでツアーにいくつか参加する人は領収証をきちんと保管しておきましょう。

3-1.ツアーA

ツアーAの料金と行き先↓

  • 料金:1,200ペソ(約2,550円)
  • 行き先:Small Lagoon, Big Lagoon, Secret lagoon, Shimizu Island, 7 Commandos Beach
エルニドアイランドホッピングA写真はhttps://www.elnidoparadise.com/island-hopping/より

ツアーデスクの方に聞いたところ、ツアーAがエルニドでの一番人気のアイランドホッピングだそうです!

エルニドらしいラグーンと奇岩が見れるこのツアーは外せません。

私も実際にツアーAに参加しましたが、ラグーンはもちろんのこと、綺麗な海でシュノーケルできたりと大満足でした\(^o^)/

詳細は後ほどご紹介します。

3-2.ツアーB

続いてツアーBの料金と行き先はこちら↓

  • 料金:1,300ペソ(約2,770円)
  • 行き先:Snake Island, Pinagbuyutan Island, Entalula Island, Cudugnon Cave, Cathedral Cave
エルニドアイランドホッピングB写真はhttps://www.elnidoparadise.com/island-hopping/より

ツアーBは、スネークアイランドという潮の満ち引き加減によって現れるサンドバーが一番の見どころ。

ビーチが好きな方にはおすすめのツアーです。

3-3.ツアーC

続いてツアーC。

  • 料金:1,400ペソ(約2,980円)
  • 行き先:Helicopter Island, Matinloc Shrine, Secret Beach, Star Beach, Hidden Beach
エルニドアイランドホッピングC写真はhttps://www.elnidoparadise.com/island-hopping/より

ツアーCもAと同様に人気のツアーだそうです。欧米人もツアーAとCに参加する人が多いそう!

美しいビーチや綺麗な海でのシュノーケルが楽しめます。

3-4.ツアーD

最後はツアーDです。

  • 料金:1,200ペソ(約2,550円)
  • 行き先:Ipil Beach, Cadlao Lagoon, Paradise Beach, Pasandingan Beach, Nat-Nat Beach, Bukal Beach
エルニドアイランドホッピングD写真はhttps://www.elnidoparadise.com/island-hopping/より

ツアーDは、他のツアーよりも人気がない?とかで人が少ないのも魅力の一つ!(笑)

人数が集まらなくて開催されないこともあるようなので、事前に確認が必要です。

様々なビーチを巡ることができ、リラックスしたい方、エルニド滞在が長い方におすすめです。

4.ツアーAに参加してみた

では実際にツアーAに参加してみたので当日の様子をご紹介します。

ここからは写真多めですので、行ってからのお楽しみ、自分の目で見てみたい方は飛ばしてください〜。

コロンコロンビーチ28時半頃にコロンコロンビーチに集合だそうで、8時15分頃にトライシクルの運転手が迎えにきてくれました。

(私はエルニドに着いてすぐ、観光ついでにトライシクルの運転手にツアーデスクに連れて行ってもらったため、翌日も集合場所のコロンコロンビーチまで同じ運転手が連れて行ってくれました!)

ちなみに先ほどもご紹介した通り、エルニドタウンで申し込めばエルニドビーチから出発のところが多いです。

 

8時半の時点では、あまり人はいません。ツアーのスタッフもまだ準備中だったため、そこらへんで写真撮ってて〜とのこと。

8時45分頃になってようやく人が集まってきました。

ここで環境税(Enviroment Fee:200ペソ)の支払い。

エルニド環境税10日間有効なので、他のツアーに参加される方はこの領収証をきちんと保管しましょう。

そしてエルニドの海は岩場が多いので、ビーチサンダルしかない人はマリンシューズを100ペソでレンタルできます。

KEENなどのサンダルもしっかりしているのでオススメです!!

 

他の持ち物としては水中カメラ、日焼け止め、サングラス、船酔いが心配な方は酔い止めなどがあると安心です!

9時ごろにボートに乗り込みます。

ちなみにボートは沖合に停まっているので、そこまで歩いて行きます。普通に腰ぐらいまで濡れます(笑)

防水バッグなども必須です。

エルニドタウンの路上でも販売されているので、現地調達も可能です(^^)

 

9時過ぎごろに出発。

エルニドツアーaの船上簡単な説明を受けながら30〜40分ほどボートを走らせ、最初の目的地「Small Lagoon(スモールラグーン)」に到着。(ちなみにこの日はBig Lagoonがいっぱいなので行けなかった)

スモールラグーン1スモールラグーンではカヌーのレンタルが可能です。

カヌーは1つ(二人乗り)800ペソ(約1,700円)で少しためらいますが…絶対にレンタルすることをお勧めします。

なぜなら、ボートが停まっている場所とスモールラグーンの中までは少し距離があるので泳いでは行けません。

スモールラグーン6ボート付近でも十分綺麗ですが…

スモールラグーン2 スモールラグーン3 スモールラグーン4 スモールラグーン5カヌーで先まで進むとこんな景色が待っています。

50分ほどの自由時間があり、ボートの近くでシュノーケリングなども可能です。

 

そして次の目的地Secret lagoon(シークレットラグーン)」に向かいます。

シークレットラグーン1ボートが停められるのが少し沖合になるので、シークレットラグーンまでは少し泳ぎます。

小さな入り口(洞窟?)を抜けると、中がラグーンになっています。

上からの図↓
シークレットラグーン2人の出入りが激しすぎて濁ってる…人がいなかったらもう少し綺麗なのかもですが…

正直この中には入らなくてもいいだろう、という気がしてならなかった…

シークレットラグーンのすぐ脇の島にも少し上陸して写真を撮ったり出来ます。

シークレットラグーン3トータル30分ほど滞在してボートに戻ります。

 

少し移動してShimizu Island(シミズアイランド)」付近でランチです。

上陸できるツアーもあるようですが、私が参加したツアーでは上陸せずにボートの上でのランチとなりました。

エルニドツアーAのランチどれも美味しかったです(*´∇`*)

ただし、貝類は注意!!!私はこのツアーで3つほど食べただけなのに見事に当たりました(;´д`)ツアー参加の翌々日丸1日を寝て過ごし棒に振りました…違うツアーに参加した台湾人の友人も貝類食べたら当たったと…

帰ってきてから知ったのですがこんな情報も…

https://twitter.com/palawan_japan/status/1154900348772859904?s=20

注意が必要です。

 

ランチの後は、シュノーケルポイントに移動。場所がどこかは定かではありませんが、海の透明度は抜群!!

エルニドアイランドホッピングシュノーケル1

小魚たちがキラキラ泳いでいて綺麗でした(^^)

エルニドアイランドホッピングシュノーケル2 エルニドアイランドホッピングシュノーケル3

そしておそらく14時半頃に最後のポイント「7 Commandos Beach(セブンコマンドビーチ」に上陸。

エルニド3ここでは1時間ほどの自由時間がありました。

ビーチに上陸し思い思いの時間を過ごします。みんな寝ていたり、海に浸かったりとまったり過ごしていました。

セブンコマンドビーチ
私は暑すぎて途中からボートの上で寝ていました。波の音と風が心地よくとても良い時間を過ごせました〜(*´∇`*)

 

15時半過ぎにボートが出港。出発してきたコロンコロンビーチには16時頃に戻ってきました。(帰りもボートを降りたら海の中を歩いて岸まで行きます。)

レンタルしたマリンシューズなどがあれば返却して解散です!お疲れ様でした!

 

ツアーAの1日の流れはザッとこんな感じです。

3,000円前後でランチもついて1日思いっきり遊べるので、かなりオススメです\(^o^)/

5.【結論】オススメのアイランドホッピングツアー

今回は以上になります。

エルニドのアイランドホッピングでどれにしようか迷っている方は、とりあえずツアーAとCに参加すれば間違いないです!!

滞在日数が長い方やビーチでのんびりしたい方はツアーB、Dにも参加してみると、さらにエルニドを楽しめるでしょう(^^)

エルニドに訪れたら是非アイランドホッピングに参加して、綺麗な海と大自然に触れてみてはいかがでしょうか。

きっと素敵な旅になること間違いなしです♪♪

 

セブ島やマニラまでの飛行機検索はスカイスキャナーがオススメです!

▼エルニドのアクティビティや観光スポット情報はこちら

エルニド3
【フィリピン最後の秘境】エルニドで人気のおすすめ観光スポット・アクティビティ5選フィリピン最後の秘境と呼ばれるパラワン島の「エルニド」。 美しい海と断崖の岩山が特徴のエルニドは、世界のベストアイランドトップ15...

▼エルニドのダイビング情報はこちら

エルニドのダイビング7
【美しいサンゴと地形が織りなす海の世界】最後の秘境エルニドでダイビングをしてきたフィリピン最後の秘境と呼ばれるパラワン島の「エルニド」。 美しい景色や海を持つエルニドは、海中でも綺麗なサンゴや地形などが広がりダ...

▼エルニドの高級ホテルに宿泊したい方はこちら

エルニドリゾーツアプリット島3
【絶対泊まりたい】1島1リゾートでラグジュアリーステイ【エルニドの極上ホテル】今回はフィリピンのエルニドで絶対に泊まりたい、1島1リゾートの極上リゾートホテルをご紹介します。 自然が多く残るエルニドの離島では...